トップ

インプラントを考える

短期間インプラント

治療費

インプラント治療の進化

以前では総入れ歯の人がインプラント治療をすることが難しいといわれていました。それは、顎の骨に人工歯根であるチタンを埋め込み、その埋め込んだチタンが顎の骨と結合するまで待っている必要があったからです。結合する前に噛んだりして負荷をかけてしまうと、抜けてしまうこともあるのです。待っている間は審美的にも機能的にもとても苦痛を感じるもので、その期間は個人差がありますが2ヶ月から6ヶ月かかってしまうのです。今日では即時荷重インプラントという治療により、短期間で人工歯を入れることができ、噛むことが可能なのです。手術の日に歯が入って審美的にも良く、柔らかいものであれば噛むこともできる、そういう治療ができる時代になってきました。

治療の期間はどのくらい

治療は長くかかるというイメージがありますが、実際にはどれくらいの期間がかかるものでしょうか。平均的にはトータルで3か月から10か月といわれています。虫歯の治療と比べると長く感じます。インプラントはアゴの骨に穴を開けて器具を埋め込む外科手術だからです。ある程度の治療期間は必要になってきます。主治医の先生と相談して、しっかりと確認するのが大切です。最近では短期に治療を終わらせる治療もあります。耐久性にすぐれているインプラントですが、長く使い続けるためにも治療後も定期的に歯科医院で検診を受けましょう。

↑PAGE TOP

© Copyright インプラントを考える. All rights reserved.